発展をつづける街、豊洲・東雲・有明の歩み

成長を続ける街、豊洲・東雲・有明エリア。ここでは、計画的に開発された街ならではの利便性がある。

石川島播磨重工業ドッグ跡

豊洲エリアは、かつて石川島播磨重工業(現・IHI)などの造船所や工場が立ち並ぶエリアだった。また、東雲や有明は東京湾の埋め立てによって誕生した新しい街だ。

有明出入口

これらのエリアでは、開発にあたって、まず交通機関の整備が進められた。1981(昭和56)年には首都高速湾岸線の「有明出入口」が完成、1988(同63)年には営団地下鉄(現・東京メトロ)有楽町線の「豊洲」駅が開業している。

有明駅

さらに1995(平成7)年には、ゆりかもめが「有明」駅まで開業、1996(同8)年にはりんかい線の「東雲」駅ができた。また、2006(同18)年にはゆりかもめの「有明」駅から「豊洲」駅間が延伸され、ほぼ現在と同様の交通インフラが整った。

1 2 3 
芝浦・海岸・港南エリアのマンション・戸建、高級賃貸情報ならKENRENT

ケン・コーポレーション