昔ながらの下町と新しい街が融合した
「勝どき・月島」エリアを散策してきました。

img_report02

古き良き下町風情が残る「勝どき・月島」エリア。もんじゃ焼をはじめ、この土地ならではの下町フードは、今もなお人々を魅了しています。さらに近年、新しいスポットも誕生し、まさに新旧が融合した街並が広がっています。そこで実際にエリアを散策し、その魅力にふれてみました!

もんじゃ焼きの
お店がズラリ!
西仲通り商店街 「西仲通り商店街」の様子

まず始めに「月島」の歴史を紹介。1892(明治25)年に完成した東京湾埋め立て1号地が現在の「月島」にあたります。大正から昭和初期にかけて「月島」は最初の全盛を迎えます。そして当時の駄菓子屋で、子ども達が小麦粉を溶いて薄く焼いたものに醤油や蜜をつけて食べたのが、もんじゃ焼きの始まりだそうです。

もんじゃ路地裏もんじゃ路地裏

現在、「月島」駅から伸びる「西仲通り商店街」は、通称もんじゃストリートと呼ばれ、商店街を中心にしたこの一帯には、もんじゃ焼のお店がズラリと並んでいます。


本店もすぐ近くに
あります
もんじゃいろは 50年続く老補店「いろは 西仲店」

「いろは」は、この土地で50年続く老舗店。桜エビの風味とお餅の食感が楽しめるもんじゃ焼きが人気です。「錦」は、もち明太もんじゃ発祥のお店です。

もち明太もんじゃ
発祥のお店
もんじゃ錦 「錦 1号店」

月島を散策する際、どのお店にしようか迷ってしまう方も安心!商店街入口にある「月島もんじゃ振興会共同組合」で、エリアマップを無料配布しているので、初めて訪れた方も気軽に散策できます。


レバーフライも知る人ぞ知る月島の名物なので、是非一度味わってみるのがオススメ。半世紀続く老補店「ひさご家 阿部」などで、その味を体感できます。 また、ミシュラン一つ星獲得の居酒屋「肴や味泉」など、食通を唸らせるお店も多数あり、まさに魅力がたっぷりつまったグルメスポットとなっています!

ひさご家阿部 「ひさご家 阿部」

ミシュラン一つ星獲得! 居酒屋「肴や味泉」 居酒屋「肴や味泉」


築地大橋 「築地大橋」

「勝どき」周辺も下町風情を残しながら、新しい街並が広がってきています。1908(明治41)年に開署した「月島警察署」は2014(平成26)年に建て替え工事が行われ、地下2階・地上13階建ての大庁舎へ移転ました。

また、有明から四谷を経由し神田佐久間町へと続く「環状二号線」の整備も進んでいます。勝どき・月島エリアでは「築地大橋」が架設され、ますます新しい風が吹き込まれる予感。「勝どき・月島」は、きっと今後も人々を魅力し続けるエリアとなることでしょう。


「昔ながらの下町と新しい街が融合した「勝どき・月島」エリアを散策してきました。」 発見ポイント!

もんじゃ振興会協同組合 「もんじゃ振興会協同組合」

  • (1)歴史ある街並で、この土地ならではの食を堪能できる
  • (2)新しいスポットも誕生し、新旧が調和したエリアとなっている
  • (3)交通網も整備され、今後もますます目が離せない
芝浦・海岸・港南エリアのマンション・戸建、高級賃貸情報ならKENRENT

ケン・コーポレーション